銀座カラーの全身脱毛し放題は分割支払いなのでお財布に優しいプラン。

 

 

毛周期 ウィキペディア

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%9B%E5%8C%85#毛周期

 

◆毛包

 

ヒトの皮膚の構造
毛包(もうほう、英語: hair follicle)は、毛を産生する哺乳類の皮膚付属器官である。毛の産生には幹細胞が関与している。

 

毛包のうち、皮膚表面から見ることのできる部分は一般に毛穴(けあな)と呼ばれている。人の肌の1cm四方には、少なくとも20個はあるという。発毛以外にも毛包の役割は幾つかあるが、いずれも体内から体外へと放出する役割をもつ。皮膚呼吸はこれの代表で、水蒸気などを発散している。また皮脂も分泌されるが、皮脂が毛穴に溜まると角栓となって毛穴を塞ぎ、毛穴の機能を低下させる。また、恒温動物にとっての毛穴の重要な役割として体温の調節のために汗を発散することが挙げられる。これは汗腺から分泌された液体である。

 

構造 は

 

1.1 毛乳頭
1.2 毛母体
1.3 毛根鞘
1.4 毛線維
1.5 毛隆起
1.6 立毛筋
1.7 皮脂腺
1.8 毛包漏斗部

 

などがある

 

◆毛周期
毛髪は複数の相からなる周期を持って成長する[7]。 成長期 (anagen)、退行期 (catagen)、休止期 (telogen) である。各相は形態学的、および病理学的に区別される複数のサブフェイズからなる。毛周期の開始に先立って毛包の発生がある。また、成長期や休止期と独立に脱毛期 (exogen) が存在する。通常、毛包の90%近くが成長期にあり、10-14%が休止期、1-2%が退行期にある。毛周期の長さは体の部位により異なる。例えば眉ではこの周期はおよそ4ヶ月で完了するが、頭皮では3-4年を要する。これが、頭髪のように眉毛が長くならない理由である。成長周期は上皮成長因子のような化学信号により制御されている。DLX3(英語版)が毛包の分化と周期において決定的な因子である。特に、DLX3とリン酸化Smad(英語版)1/5/8 の共発現が、動物モデルにおいて毛髪発生時のDlx3へのBMPシグナルを調節している[8][9]。

 

 

成長期[編集]

 

成長期は毛包が成長する相であり[10]、 毛根が頻繁に分裂し毛幹に付け加わっていく。この相において、毛は28日に1cmの速度で成長する。頭髪はこの相に2-7年間とどまる。成長期の終わりに退行期へと移行するシグナルは解明されていない。

 

退行期[編集]

 

退行期は成長期の終わりに起こる一過性の相である.[11]。この相は毛髪の成長の終わりをつげる。この期間は2-3週間続き、毛髪は棍毛 (こんもう) へと変化する。棍毛は、毛髪の下部に接する毛包が毛幹に付着するときに形成される。この過程は毛髪を血流と、新たな毛髪を形成する細胞から隔離する。およそ2週間かけて棍毛が形成されると、毛包は休止期に入る。

 

休止期[編集]

 

休止期に毛包は休止する[12]。身体が極度のストレスにさらされた場合、毛髪の70%もが未成熟のまま休止期に入る。この毛髪は脱毛することになり、この状況は休止期脱毛と呼ばれる。棍毛は休止期における毛包の最終生成物であり、死んだ、完全にケラチン化された毛髪である。通常、頭皮から1日に50-100本の棍毛が脱落する[6]。

 

 

 

ちなみに各相の期間は?

 

頭皮:これらの期間は個人により異なる。また、頭髪の色や毛包の形もこれらの期間に影響する。

 

成長期:2-6年 (さらに長いこともある)
退行期:2-3週間
休止期:約3ヶ月

 

眉など

 

成長期:4-7ヶ月
退行期:3-4週間
休止期:約9ヶ月

 

 

※引用元 ウィキペディア

 

---------------------------------------------------------------

 

 

毛周期は部位によって違うの?毛周期に合わせた脱毛のタイミング!
参考サイト

 

 

※引用元 脱毛レシピ
https://datumou-recipe.com/trend/mousyuuki.html

 

 

 

◆今見える体毛が全ては無いんですね、

 

 

 

 

 

◆毛周期とは?毛が生え変わる3つのサイクル

 

毛周期とは体毛が生え変わる周期のことを言います。 毛周期には成長期、退行期、休止期の3つのサイクルが存在し、決まった期間で成長して、抜けるということを繰り返しムダ毛は生え続けています。

 

 

 

まずは毛周期のサイクルや体の部位による毛周期の違い、脱毛に最も効果的な時期を知り、ムダ毛を効率的に脱毛するコツをつかみましょう。


メニュー