スポンサーリンク

 

「毛乳頭」ってどんな器官?

 

 

「毛乳頭」ってどんな器官?

 

薄毛やAGA(男性型脱毛症)の悩みに関する記事を検索すると、やたらと登場してくる「毛乳頭」というワード。

 

あなたはこの毛乳頭が“何なのか”、“どのような役割を果たしているのか”きちんと把握できていますか?

 

ときどき見かけるけど、「毛乳頭」って何のこと?

 

毛乳頭の【詳細と役割】

 

毛乳頭は毛包や血管とつながっている

 

毛穴の内部にある毛包

 

 

 

 

 

毛乳頭について解説するにあたって、「毛根」についての説明をしなくてはなりません。

 

頭皮よりも奥。毛穴の中に埋まっている髪の毛のことを毛根(毛根部)と呼びます。

 

毛根の最深部には丸く膨らんだ「毛球」という部位があるのですが、

 

その毛球の少しくぼんだ根っこの部分にあるのが“毛乳頭”なのです!

 

毛乳頭は、毛球の付け根と頭皮内の毛細血管の橋渡し役となる役割を担っています。

 

 

※引用元 https://hagelabo.jp/articles/hair-dermal-papilla
    ★hagelabo.jp様お借りしました、感謝です。

 

 

 

毛乳頭と毛母細胞の働き

 

育毛剤の育毛・発毛に対する作用などの記事を読んでいると、毛乳頭や毛母細胞という単語を目にすることがあり、

 

それぞれが育毛・発毛に重要な働きをしていることが伺えます。

 

毛乳頭の働き

 

発毛・脱毛の司令塔

 

 

 

 

 

 

毛乳頭は、頭皮内の毛細血管と直接接しており、発毛や脱毛を司る機関です。毛乳頭・毛母細胞

 

毛乳頭は、毛細血管内を通って流れてきた酸素やビタミン、水分などの栄養素や脱毛の原因となるテストステロンなどを受け取り、髪の毛の製造機関である毛母細胞に発毛または脱毛の指令を送ります。

 

毛母細胞に細胞分裂のシグナルを出して発毛を促す場合もあれば、逆に細胞分裂を抑制ずる脱毛指令を出して髪の成長を止めることもあります。

 

 

 

※引用元 http://www.iimono-shokai.com/moubosaibou/
★iimono-shokai 様お借りしました、感謝です。

 

スポンサーリンク