犬にイカを与えても大丈夫?もし食べたらどうなるの?.txt

この記事は2分で読めます

犬にイカを与えても大丈夫?もし食べたらどうなるの?.txt

 

 

 

 

私が病院や勉強したかぎりでは、「イカ」は犬には与えないほうがいいと思います。

 

よくお話を聞いたことがあるかと思いますが、「イカ」や「タコ」などは、

犬の体では消化不良を起こしやすい食べ物なのです。ゆえに、

 

嘔吐してしまったり、消化不良によって下痢を起こしてしまったりする子も多いのです。もちろん、あげ方に注意すれば、問題のないわんちゃんもいますが、

私は積極的には与えたくないなと思っています。

 

もちろん、味のついたものや珍味になったものは、もってのほかです!

珍味などは、香りも強く味も濃いので、わんちゃんは欲しがります。

 

飼い主さまが食べていたら、欲しがったことはないですか?

 

塩分が多いと、犬の体は塩分を上手に排出できずに、

 

体の中に貯め込んでしまいます。よって体にはよくないですよね。

 

人間ですら、喉がかわくのですから!

 

腎臓や肝臓などの内臓にかなり負担をかけますので、

 

腎不全や高血圧の原因にもなりますので、ご注意ください。

 

人間の食べるものは、わんちゃんの絶対に届かないところに置いて、

知らぬ間に食べていた!!

とならないように、気をつけましょう。

 

 

◆もし愛犬がイカを食べてしまったら・・・

うっかり愛犬が食べてしまった!ということはよく聞くお話ですが、

 

「イカ」を食べてしまった場合に、犬がどうなるか少しお話します。

 

「イカ」には、「チアミナーゼ」という成分が入っています。

 

その「チアミナーゼ」がビタミンB1を急速に分解するため、

 

足が麻痺してふらついてしまったりしてしまうそうです。

 

嘔吐や手足のしびれやむくみ、倦怠感や動悸、けいれんなどを起こすわんちゃんもいるそうです。
もし、そのような様子が見られたら、動物病院へ連絡しましょう。

 

まったく症状が出ずに、元気に入る子もいますが、食べてしまったのなら、

 

まずは様子を見ましょう。

最近は「イカ」は食べても大丈夫とも聞きますが?

 

たしかに前述したように、嘔吐などの諸症状がでてしまうわんちゃんもいますので、

 

大丈夫とは言えません。ですが、「イカ」を栄養素的に見ると、

 

「タンパク質が摂れる」「疲労回復にいい!」とされている、

 

「タウリン」をたくさん含んでいるのです。

 

他にも、ビタミンEをはじめとしたビタミン類やマグネシウム、

 

銅などのミネラル分が豊富です。ドックランなどでたくさん運動した後には、

 

少量なら「イカ」を与えることは疲労回復にはいいかもしれません。  

◆犬にイカを与える場合に気をつけること

イカは必ず加熱をすること!

「イカ」に含まれる、チアミナーゼを分解させるために、

 

必ず湯がいたり焼いたりして、加熱したものを与えましょう。味付けはなしで。

 

食べずらい&消化しずらいので、小さく切って与えましょう

犬のほとんどが丸のみしてしまうこと、イカが消化しずらいこともありますので、

 

加熱したからといって安心せず、小さく切って刻んだものを与えましょう。

 

大きいままだと、加熱していても消化不良を起こす可能性があります。

 

アレルギーの場合には注意!

まれに、甲殻類アレルギーのわんちゃんがいます。症状としては、

 

嘔吐や下痢、目の充血や腫れなどがでますが、個体差がありますので、

 

重症になる場合もありますので、もし初めて与える際には気をつけて

様子を見ながら与えてみてください。

 

ん?と思ったら与えるのをやめて、動物病院へ連絡しましょう。

◆まとめ

 

お話しましたように、「イカ」は確かに消化不良になりやすく、

あまりオススメはしたくない食べ物だと私は思っています。

 

注意すべき点も多いですし、個体差もあるので、

 

大丈夫なわんちゃんがいたからウチも大丈夫!とは限りません。

 

与えるのであれば、与える時の注意点を守り、

あくまで少量から与えるようにしましょう。

 

私は、基本的に飼い主である自分自身が不安だと思うものは、

 

与えても大丈夫と言われても、与えないようにしています。

 

みなさまは、どのように与えるか判断されていますか?

※記事引用元 TERRAtopi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。